FC2ブログ

風のゆくままに

About+まとめ
風のゆくままに


【ブログタイトル】
風のゆくままに
【URL】
http://minikogedayo.blog62.fc2.com/
【内容】
大学生の日常をつづりたいと思います。出来事や今考えていることなど。
スポンサーサイト



女と私
22になった。
私事だが私事などを書きたいがために始めたブログなので気にしない。実感はない。ただ、数年前は中高生だった自分がここまで大人になったかと思うと、時だけは着実に進んでいるように思う。


自分には1年ほど前に別れて以来女がいない。身近に好いている女がいるが、彼女には男がある。今、彼女は幸せそうではあるが、精神的には健全な付き合いをできていないと彼女は感じているようだ。私も意地悪がって時折そのことを指摘するが、彼女も思うところがあるのかあまり好んで話そうとはしない。私もそれ以上は言わない。どのような、言葉をかければ良いのかわからない。

彼女の幸せとは何か。

私の求める幸せとは何か。

どうしたものか。

2015年第9戦ドイツGP MotoGP
最高でした!

個人的にはペドロサの復調と力強い走り、ロレンソとロッシとのバトルが最高にカッコよかった。

マルケスも、安定して来て良いね。このまま続けていってくれ!
民主主義
ニュースで大騒ぎしているが、見当違いな批判ばかりしていても効果はないだろう。

むしろ、自民党に反論の余地を与えているというようにも見える。それでも、批判しないより批判をする方が健全だとは思うが。

強行採決は現状の法律上有効な手立てなので別に悪いことではない。問題は中身だ。

日本の平和の「象徴」憲法9条だ。

日本の平和の根源は憲法9条なのか?それとも、日米安保を基調とした自衛隊や軍隊のようなものなのか?

この平和の根源というか本質さえ崩れない限り、日本自体は平和だろう。論点は別のところにある。

自衛隊に属するものや関係者、ある時は徴兵などでより多くの人が戦争行為に巻き込まれることになる。

私はそういったものは見たくない。

近しいものが傷つくことが悲しいという至ってシンプルな理屈である。

そうなると、法案は変えないほうがよいということになる。しかし、米国に守られっぱなしというものもいかがか。

民主主義を採用するなら手間ではあるが、もっと具体的、個別的直接民主主義投票はどうなのであろうか?

阿呆な私にはわからない。

大人になれない少年と大人になれない大人
最近大人になれない大人が増えている気がする。まだ、大人とも子供ともいえない大学生の私が言うのだから間違いないだろう。本当に年上か?と疑問に思うことが多々ある。なんにせよ、決めつけは良くないので増えているというのは少し言い過ぎとしても、大なり小なりいるのが事実だろう。私はそういう人に会ったとき非常に悲しくなる。なぜなら、彼等の崇高な魂の尊厳は地に堕ちてしまい、堕落の極みを見せているように見えるからだ。彼らには「プライド」と呼べるものはないように感じる。尊厳を守り生きる価値を見いだせていないのかもしれない。日本の教育に決定的にに足りないのは崇高な精神を育てることではないだろうか?おっと話が飛躍してしまった。しかし、話は個人的には学校教育ではなく、社会教育にあると私は感じている。社会教育とは、家族や近隣の人々、先生など関わりあう人々がその都度教えることの総体と捉えていただければ分かり易いだろう。私は幸運ながらも、このような社会教育を受けてきた。親には怒られ。近隣のおじさんやおばさんにも怒られた。先生にも怒られた。こうして、曲がりなりにも大人の正しい姿を描けるようになった。(至らない部分は必ず存在するが…)最近は人を注意したり、他人の子供に叱咤をする親は少ないと聞く。人の家はよその子であり実害がない限りどうでもよいのだ。また、不運なことにも注意した方が実害を受けるような事例も多発している。結局こうして、他人には構わない方がよいという風潮がある。何とかならないものだろうか。
一つだけ私が言えるのは子供(子供の世代)に恥じない世界を私のもてる影響力の限り作っていこうということである。


Designed by aykm.